アナボリックステロイドの効果は20倍

アナボリックステロイドを使えば通常の筋トレの20倍の効果になります。この魅力について語ります。

オキシポロンの最新の研究

Posted on by

2003年、南カルフォルニア大学のスポーツ科学者は、高齢の健康な患者に1日当たり50㎎、100㎎、匂い、形等全く同じではあるが効果のないものを投与した3つのグループに分けて臨床試験を行いました。この試験での結果は、50㎎を摂取した患者は徐脂肪体重が3.3㎏増加、100㎎を摂取した患者は、4.2㎏増加しました。また、脂肪量に関しては、50㎎を摂取した患者は2.6㎏の減少、100㎎を投与した患者は2.5㎏の減少となりました。主に脂肪が減少した部位は、腹部であることをわk利ました。また、副作用に関しては、肝毒性および善玉コレステロールの減少などの空く絵今日がs召された、これはオキシポロンのサイクル期間を4週間から6週間を超えてはいけなことを示唆しています。オキシポロンの体内での検出期間は2ヶ月で、半減期は9時間になります。この半減期を超えない範囲での摂取をすることでオキシポロンの効果を最大限に引き出すことができるでしょう。おすすめは朝、夕、もしくは夜の摂取が良いでしょう。

アナボリックステロイドの由来

Posted on by

アナボリックステロイドには多くの種類がありますが、筋肉の成長、強さ、運動能力などを向上させるわけではありません。アナボリックステロイドの本来の働きは、筋肉組織を破壊し、分解することを促進させるものです。(これらはコルチコステロイドとして知られています)。ステロイドとステロイド化合物は世界で数百種類と存在しており、植物、動物、昆虫、さらには真菌にも存在しています。天然に存在するステロイドは、上記の異なる生物の細胞内で合成されています。人体には、コレステロール、コレカルシフェロール(ビタミンD)、エストロゲン、テストステロンなど、多くの種類のステロイドが存在します。特にビタミンDは、ステロイド分子でありますが、セコステロイドとして知られているものであります。人間の体内では、コレステロールは、人体内で製造される他のステロイドの開発するための材料となっています。これは、コレステロールが、体の細胞が他のすべてのステロイド(エストロゲン、テストステロン、ビタミンDなど)を合成するために使用する基本的なステロイド化合物であるということです。

ボディービルダーなど筋肉増強が目的の人が使用するステロイドのタイプは、アナボリックステロイドとして知られています。これらはまた、同化性アンドロゲン性ステロイド(AASと略されることもあります)とも呼ばれています。「同化」という言葉は、組織構築または組織合成(この場合は筋肉組織のことになります)の過程を指し、「上向き」と訳されるギリシャ語の「ana」および「投げる」と訳される「ballein」に由来しています。「アンドロゲン性」という言葉は男性化効果を意味し、「男性」または「男性性」と訳されるギリシャ語の「andro」と「産生」と訳される「遺伝子」に由来しています。単語「ステロイド」は、先程説明したように、化合物のステロイド性を指しています。これは、アナボリックステロイドが組織構築または組織成長を促進するステロイドであり、筋肉組織同化を指すことを意味しています。このことから、アンドロゲンステロイドとは、男性的特徴を大きく変化させるステロイドさしているのです。

また、アンドロゲン作用とアナボリック効果が完全に別々のもの(本質的に絡み合っている)のアナボリックステロイドは存在しないため、アナボリックステロイドはアンドロゲン同化ステロイド(またはアナボリックアンドロゲンステロイド)と完全に呼ばれます。
アナボリックステロイド 効果